2010年05月19日

第一回 セリフの研究3、セリフと人物性実践ワーク73




(第七話 エーデルワイス(5))

まるでぶらさげるかのごとく、
片手にナイフを持つ華恋。

がっちりと構える悪人。


華恋と悪人。
殺人者と悪人。
紅蓮愚恋と悪井悪人。

二人邪鬼の禍々しいの闘いは……

実にあっさりしたものだった。

素早く投げた華恋のナイフは
いともたやすく、
防御の暇も与えず
悪人の喉をえぐった。

悪人はそのまま倒れ、
二度と起き上がることも
目を開くことも
……悪事を働くことも無かった。


posted by lilac at 18:00| シナリオ創作演習T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

第一回 セリフの研究3、セリフと人物性実践ワーク72

(第七話 エーデルワイス(4)) 転介は華恋に追われ、袋小路に追い詰められた。 しかし、そこに悪人が現れた。 喧嘩が異常に強い悪人が、転介を守るように 転介の前に立ちはだかる。 転介の異常にいち早く気付いたのは華恋だったが その異常に次に早く気付いた悪人が、 二人を追ってきたのだ。
posted by lilac at 18:00| シナリオ創作演習T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

第一回 セリフの研究3、セリフと人物性実践ワーク71




(第七話 エーデルワイス(3))

正義について熱弁する義太郎。
聞き入る華恋。
やきもちをやく法子。
退屈そうにしている悪人。

普段と変わらぬサークル内。

ただ一人、青ざめている転介を除いて……

転介の異常にいち早く気付いたのは
不幸にも殺人者、華恋だった。
posted by lilac at 18:00| シナリオ創作演習T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。