2010年05月08日

第一回 セリフの研究3、セリフと人物性実践ワーク62




(第四話 転介の失敗(4))


そこへ入ってくる華恋。
悪人を呼んだのは華恋だった。

その刹那。
絶叫。

獣のようなその叫びは……

あの無口な涼から発せられた……

やはり涼が声を発するときは
異常事態率が多い。
教授との攻防といい。

義太郎たちに明かされる涼のおぞましい過去。

心を閉ざしたような冷たい涼の態度は
事件によるの生々しい心の傷のためだった。

涼の苦しみを理解し始める義太郎。

しかし、華恋だけはそんな涼を見て
微笑んでいた。


posted by lilac at 18:00| シナリオ創作演習T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。