2010年05月09日

第一回 セリフの研究3、セリフと人物性実践ワーク63


(第四話 転介の失敗(5))


ある部屋。

若い男女が椅子に縛られている。
猿轡をされている。

その人物はナイフをもって
彼らに近付いた。

んーんー!と、唸る彼ら。

マンション全景に
彼らのくぐもったうなり声が重なる。

部屋の中。
男女は真っ赤だった。
床も真っ赤だった。
刺し殺されていた。

エーデルワイスの鼻歌を唄いながら
部屋を出ていくその人物。
マンションの廊下を歩く、その人物。

その人物は
マンション一階の正面玄関から外に出た。

白い日光がその人物の顔を照らす。
眩しげに空を見上げたその人物は



美女崎華恋だった。




posted by lilac at 18:00| シナリオ創作演習T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。