2010年05月10日

第一回 セリフの研究3、セリフと人物性実践ワーク64



(第五話 記憶(1))


ニュースが流れる。
赤い椅子事件と呼ばれる連続殺人事件の。

都内のあるマンションで
管理人室の管理人を含む
そのマンションのすべての住人が
椅子に縛られた状態で全身を刺され死んでいたのが
一ヶ月ぶりにマンションを訪れた大家によって
発見された。

3階建てのマンションで計39部屋。
住人59名。

その全員が、真っ赤な椅子の上で
真っ赤になって
つまり血まみれで、発見された。

警察の調べでは、犯人は
前もって大家が一ヶ月に一度しか訪れないことを
知っていたと思われ
丁度一ヶ月前から犯行を行い
一日に1部屋〜2部屋を襲っていたことが分かった。
偶然なのか、犯行後部屋の中に放置された死体に気付く
外部の人間はいなかったという。
犯人は未だ不明である。


そして、ニュースでは不明となっていた
その事件の犯人は……

紅蓮愚恋(グレングレン)、美女崎華恋。


posted by lilac at 18:00| シナリオ創作演習T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。