2010年05月11日

第一回 セリフの研究3、セリフと人物性実践ワーク65



(第五話 記憶(2))


事件をニュースで見た涼の記憶のフラッシュバックは
頻度を増していった。

具合を悪くした涼のもとに、見舞いに訪れた華恋。

チャイムを鳴らす華恋。
インターフォンの向こうの華恋の声に、
涼は、何故かとても嫌な予感を覚えた。


posted by lilac at 18:00| シナリオ創作演習T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。