2010年05月30日

第一回 セリフの研究3、セリフと人物性実践ワーク84


さてさて。

前回のシーンの義太郎と華恋のセリフ
キャラクターの特徴が二人とも
今までとは、かなり反転していますね。

特徴をあげてみましょう。



義太郎

態度=沈黙、苦悩
口調=「……」
内容=無し


華恋

態度=無邪気、はしゃいでいる
口調=興奮、「!」
内容=願望を満たすための要求


しかし、互いの態度やセリフが反転しているからこそ
ことの異常性が際立ち
シーンの意味が鮮明になるのかもしれません。

まるで白地を染めた鮮血のように……。



posted by lilac at 18:00| シナリオ創作演習T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。